老人福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数395
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    基礎構造改革
    まず、2000年に日本は社会福祉基礎構造改革を行い、日本の社会福祉の制度は大きく変化したのである。
    改革の理念
    ?個人の自立を基本とし、その選択を尊重した制度の確立
    ?質の高い福祉サービスの拡充
    ?地域での生活を総合的に支援するための地域福祉の充実
    を3つの大きな柱とし、次のような改革を早急に行うこととした。改正等の対象と成る法律は社会福祉事業法(「社会福祉法」に題名改正)、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、知的障害者福祉法、児童福祉法、民生委員法、社会福祉施設職員等退職手当共済法、生活保護法の一部改正、公益質屋法の廃止の8本である。
    老化に関する諸学説
    消耗説…「生活速度説」「ストレス説」
    有害物質蓄積説…リポフスチン
    自己免疫説…ガンマーグロブリン
    突然変異説
    架橋結合説…タンパクが増え、栄養を体の中にまわさない。
    遊離基説…化学物質が体内に入り、架橋結合が起こり、老化する。
    高齢者の病気
    健康状態
    65歳以上の高齢者の有訴者率(人口1000人辺りの病気やけがなどで自覚症状のあるものの率)は、493.1となっており、約半数の高齢者に病気などの自覚症状がある
     高齢期になると加齢に伴う身体機能の低下などにより病気にかかりやすくなっている。
    高齢者の疾病
     2003(平成15)年の人口動態統計によると、65歳以上の高齢者の人口10万人当たりに対する65歳以上死亡者数を示す死亡率
    ?がん(667.4)
    ?心疾患(545.2)
    ?脳血管疾患(454.3)
    【高齢者とまち】
     ハートビル法
     高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の促進に関する法律<平成16年法律第44号>
     交通バリアフリー法
     高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用とした移動の円滑化の促進に関する法律<平成12年法律第68号>
    ◎高齢者世帯の所得水準
    国民生活基礎調節

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老人福祉について
    基礎構造改革
    まず、2000年に日本は社会福祉基礎構造改革を行い、日本の社会福祉の制度は大きく変化したのである。
    改革の理念
    個人の自立を基本とし、その選択を尊重した制度の確立
    質の高い福祉サービスの拡充
    地域での生活を総合的に支援するための地域福祉の充実
    を3つの大きな柱とし、次のような改革を早急に行うこととした。改正等の対象と成る法律は社会福祉事業法(「社会福祉法」に題名改正)、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、知的障害者福祉法、児童福祉法、民生委員法、社会福祉施設職員等退職手当共済法、生活保護法の一部改正、公益質屋法の廃止の8本である。
    改正の趣旨
     行政が行政処分により福祉サービスを提供する措置制度から、利用者が事業者と対等な関係に基づきサービスを選択する制度へ移行することで、利用者と事業者の間の法的な権利義務関係が明確になる。
     サービスを利用した場合の費用については、サービスの内容に応じ利用者に応じ利用者に着目した公的助成を行う。また利用者に対しても、その負担能力に十分配慮した費用目的を求めることとするが、利用制度の移行により工費負担が後退しないよう、十..

    コメント1件

    qp2525qp 購入
    参考になりました。
    2007/05/12 15:41 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。