家庭科指導法 平成21年度版 科目試験出題集2 独自解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数261
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○「創意工夫」の評価をどのようにするべきか具体的に論ぜよ。
    A観察記録法
    机間巡視をしながら作業中の児童の工夫や試行錯誤している様子を、あらかじめ用意したチェックリストや観察メモに、行動を素早く記録できるように記号化などをして評価する。
    Bワークシート
    実習に関する作業のプロセスや工夫の状況を記入する欄を設け、児童が自分の課題に沿って創意工夫したところを評価する。
    ○児童の身体的発達をふまえた家庭科の指導を具体的に述べよ。
    虫歯の被患率が80パーセント以上である。食生活の偏りが原因であるため、子どもに食事献立や調味について注意を促す必要がある。
    裸眼視力が1.0未満の者は学校段階が進むにつれ視力の低下が顕著に表れている。視力を正常に保つためには、勉強の場での証明に注意を払うなど住生活に関する学習で扱うことが望ましい。
    肥満傾向と判定された者の割合は10歳が高い。肥満は子どもたちの食事が高エネルギー、高タンパク質、脂質過剰、間食の食べすぎ傾向と運動不足が挙げられる。栄養や食品に関する知識を習得し、運動量を考えた食物摂取を心掛けることを学習したい。
    また被服製作の面では、身体の発育や運動量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。