家庭科指導法 平成21年度科目試験出題集 独自解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数243
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○家庭科の年間指導計画を作成する上で配慮すべき事項をまとめよ
    ①2学年を通して家庭科で身に付ける力を育てる。②子どもの日常生活の生活課題との関係を重視し単元を構成する。③学年に応じた内容とその取扱いについて配慮する。④学習方法を工夫する。⑤指導時数の配分を適正にする。以上のことを考慮して問題解決学習を導入しながら生活への実践に向けて生きた力が身に付くように配慮する。
    ○家庭科における実践的・体験的学習について具体的に説明せよ。
    衣食住や家族の生活等の家庭生活に関する内容を主な学習対象として、製作、調理などの実習や観察、調査、実験などの実践的・体験的な活動を通して、実感を伴って理解する学習を展開すること。家庭科では、生命の維持や心身の成長発達などにかかわる人間の基本的な営みが行われる家庭生活を主な学習対象としているので、家庭生活にかかわりの深い人や物、環境などとの関連を図りながら、食べることや着ること住まうことなどを扱うことになる。これらに関する実践的・体験的な活動を通して具体的な学習を展開することにより、より確実な知識及び技能を身に付けるとともに、知識や技能を活用して、身近な生活の課題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。