社会科指導法 2分冊 学習過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数779
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指導案を書く必要があったので、そこは苦労しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題 学習過程
    1 学習過程とはなにか
     小学校社会科の学習目標は公民的資質の基礎を養うこととある。「公民的資質」とは、市民・国民として行動する上で必要とされる資質を意味している。それは社会形成者としての自覚をもち、自他の人格を互いに尊重し合い、公正に判断したりすることなどの態度や能力であると考える。学習過程の過程とは「進行していく物事の順序。また、その途中の経過」(金田一京助 新明解国語辞典 三省堂 1997)とある。つまり社会科の学習過程とは、上記した社会科の目標に向かって進行していく学習の順序や途中経過のことである。
    2、取り上げる学年の単元
    私は鳥取出身なので、鳥取を中心にして考えた。
    第4学年
    単元名 地図たんけんをしよう
    時間数 全5時間
    目標 地図帳に関心をもち、自分たちの住む鳥取県や47都道府県についてすすんで調べ、名称や位置、特色を理解しようとしている。
    内容 学習指導要領 内容(6)に基づいて設定。
    県(都、道、府)の様子について、次のことを資料を活用したり白地図にまとめたりして調べ、県(都、道、府)の特色を考えるようにする。
    ア 県(都、道、府)における自分たちの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。