社会科指導法 1分冊 教材研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数284
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指導案を書く必要があります。それを考えるのが大変でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題 教材研究
    社会科のある学年の1単元について、学習指導案を作成するために行う教材研究について、具体的な視点を数点あげながら述べなさい。
    1、学習指導案とは何か
     学習指導案は、1単位時間の授業の学習計画である。授業の準備したことをまとめて表わす。したがって、学習指導案はまず学習計画を立て、適切な時間数を配当したうえで進めていくことが望ましい。その意図によって、形式や表現は様々なものとなる。押さえなければならない条件は以下のものとなる。
    ① 授業実施の日時、対象学校、学年組、授業者の氏名
     同じ授業は何か一つの条件が異なってきても不可能である。条件を限定しておくために、授業の日時・対象・授業者を明示する必要がある。
    ② 単元(題材)の指導目標・単元設定の理由、単元の指導計画
     単元の指導目標がなければ、その授業はただ過ぎるだけのものになる。そしてその目標を達成するための単元計画でなければならない。また単元の指導計画がなければ、行き当たりばったりの授業となってしまう。計画をたてた授業は、例え計画通りにいかないとしても、分かりやすい授業につながる。
    ③ 本時の指導目標(ねらい)、授業展開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。