(教科)生活 2分冊 問題解決学習と生活科

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数596
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (教科)生活は、課題の出し方が独特なので、そこを注意しました。評価はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 前文
     生きる力の育成は問題解決能力の育成ともいえる。生活科はその問題解決学習と深く関係している。問題解決学習の理解は生活科を指導する上で必要不可欠である。
    2 問題解決学習の思想
     一般的に問題解決学習は児童が直面している問題を解決していくことにより、児童自身の経験や知識を再構成し、発展させようとする学習方法とされている。つまり児童主体の自主的・能動的な学習方法である。問題解決学習の意義は2つあり、学習原理と人生原理としてのものがある。学習原理は学習者は何を学ぶべきかを発見したり選択し、それをどのように解決すべきかを探求し思考する主体的な学習方法である。人生原理は人間の良い生き方を育成するという意義がある。重松鷹泰は問題解決学習の必要性について、①考える力を伸ばす上に不可欠。②正しい認識を成立させる上に不可欠。③主体の個性的な統一を成立させ、それを検討させ、発展させるのに不可欠。と指摘している。問題解決学習の背景は、デューイ(J.Dewey,1959-1952)で代表される経験主義の教育論にある。デューイのいう問題解決は、問題の解決のために営む活動である。問題的な場面を、解決され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。