学級経営2 人権尊重の学級経営

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数286
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず人権尊重とはどのようなことか定義しました。そのあとで具体的に学級経営について論じました。評価はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題 人権尊重の学級経営
    1、人権尊重の学級経営とは
     人権とは「人間に当然与えられるとされる権利」(新明解国語辞典 金田一京助 三省堂)と国語辞典にある。また2008(平成20)年文部科学省より人権教育の指導方法等の在り方について[第三次とりまとめ]では人権教育の目的を達成するためには、まず、人権や人権擁護に関する基本的な知識を確実に学び、その内容と意義についての知的理解を徹底し、深化することが必要となると述べ、そして必要とされる資質や能力は①知識的側面②価値的・態度的側面③技能的側面という3つの側面からなっているとある。つまり人権尊重をとらえた学級経営とは、上記知識、態度、技能を深め、人権感覚を養い、自分の人権を守り他者の人権を尊重する関心・意欲・態度を持つことで、それらの尊重する行動が実践されるように経営していくことである。
     具体的に人権を尊重する行動が実践された状態とはどのようなことだろうか。それは自分の大切さとともに他の人の大切さを認めることができることである。知識だけあっても、実際に行動できなければ意味はない。一人一人が人権について理解し、態度や行動に表わすことができるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。