生徒理解と教育相談1A 生徒理解と教育活動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数243
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題 生徒理解と教育活動
    1、生徒理解
     生徒を理解することと、友人を理解すること、上司を理解することは違うのだろうか。生徒時代は思春期にあたり、思春期特有の傾向がみられる。ルソーは「子どもは小さな大人ではない」と述べ、大人と子どもの質的違いを発達したといわれる。生徒を理解するにはどうすればよいのだろうか。
    1-1 話を聞くこと
     「話を聞くこと」は人を理解するうえでも大切なことの一つとなる。「話を聞くこと」その方法としては、面接で話を聞くこと、日常の話の中で話を聞くこと等が挙げられる。具体例としてはある一定の時間をとって生徒と面接の時間を設けることである。1対1の面接の方法もあるし、1対集団で話をする方法もある。
    個人的には1回30~40分1対1の面接を、定期的に全員にもれなく設けたいと考える。学生時代に先生に反抗的な態度をとったことから、あまり好きでない先生と話を1対1でする機会があった。1対1で話をすることによって、自分の考えを話すことができ、なおかつ相手の立場も理解できた。そのことによって少しだが好きでない気持ちも変わった経験がある。また、会社員時代には上司と1対1で話をする機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。