教育方法と技術1 授業設計

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,559
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題 授業設計
    1授業設計について
    1-1授業設計の手順
    授業設計とは、教科や領域に設定された目的を基にして、学校や児童・生徒の実態に合わせ、目標を設定し、設定された目標を学習者が達成できるように、学習内容を選び、順序づけ、授業展開の状況をあらかじめ作成することである。それを仮説・検証の過程として見ていき、授業に関する公共的な知識や法則を生み出すことを目指さなければならない。
    具体的な授業設定の手順として、つぎに順にあげていく。
    (1)教科の目標
    (2)学年の目標
    (3)学年の内容
    (4)単元の目標
    (5)単元の内容
    (6)本時の目標
    (7)本時の内容
    こうした手順で授業設計が行われる。
    1-2指導目標の明確化
    授業設計は「単元全体についての授業設計」と「本時の学習指導についての授業設計」の二つが必要である。
    「単元全体についての授業設計」の単元が集められ、並べられて「年間指導計画」があって作成される。単元の授業設計は「その年間指導計画」に基づいて、その目標を具体化するため、さらに、単元レベルで小さく検討し、具体化していく。
    (1)単元の設定。
    (2)単元指導目標の設定
    (3)単元設定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。