学校制度と社会2分冊 07804 国際理解教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数282
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    略題は国際理解教育です。評価はAでした。留意事項に沿って書いたことが良い結果につながったと考えています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題 国際理解教育
    1 学校教育における「国際理解教育」の重要性
    1-1 「学校教育が国際化」が進行する背景
     日本で明治時代、機関車で神戸から新橋まで行くのに約18時間かかっていた。今では地球の裏側のブラジルまでは約24時間あれば到着する。またインターネットの発達で、大した費用もかからずに海外とのメールのやり取りができ、インターネット回線を使えばほぼ無料で電話での通話も行うこともできる。また、最近ではアメリカのサブプライム問題から始まった、所謂グリーンスパン曰く「100年に1度の大津波」はアメリカ1国にとどまらず、世界中に飛び火し、世界が不況に陥った。いまや日本だけのことを考えていればよい時代は終わり、世界中の国々が相互作用していく世界に変わっている。良くも悪くも世界の人と関わっていかなければならない時代である。
    また、世界でさまざまな問題が出てきている。地球温暖化を始めとする地球環境問題や資源保全の問題、人口増加問題等、人類共通の課題が出てきている。このような問題は1国だけの努力によって解決することはできない。世界の国々で問題に取り組む必要がある。
    1-2 国際理解教育の重要性
    国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。