鉄鋼 日本鉄鋼業が囲まれている経営課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,259
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    現在、日本鉄鋼業が囲まれている経営課題を述べて、その課題を克服するためにどのような努力を行っているかを記述してください。
    (1)中国の台頭
     日本鉄鋼業の経営課題として、中国の生産能力拡大の対応があげられる。
     中国政府は2005年7月「鉄鋼産業発展政策」を発表した。これは中国には900以上あるという鉄鋼メーカーを、淘汰、合併や吸収などによって、鉄鋼メーカーを再編させ生産拡大を図るという政策だ。この政策により、中国の企業の勢いをさらに拡大させることになる。
     しかし、こうした中国の生産能力拡大が、日本のメーカーに与える影響は短期的には限定的であるという見方が多い。中国国内で大量に生産されているのは主に建築向けの加工度の低い凡用品であり、自動車、造船、電気向けといった高級鋼材分野では日本企業が依然として有利であるからである。
    中長期的に見ると、中国企業も年々生産能力が拡大し、需給が拡大し凡用品が大きく値崩れすれば、価格にも影響が出るとの見方もある。そしてその後中国メーカーが高級鋼材分野にも進出し、日本を脅かす存在になる日もそう遠くないと推測される。
     また中国の経済発展により、鋼材の安定調達などの観点から、鉄鋼メーカーに対して中国進出を強く求める働きもあり、新日本製鉄が中国最大手の宝山鋼鉄、欧州のアルセロール(ルクセンブルク)との合弁で上海市に自動車用高級鋼板工場を建設した。これは自動車メーカーの強い働きかけと、成長が続く中国市場の存在感も無視をできなかった結果だが。中国側に生産技術が流出する恐れもあり、進出を決めた新日本製鉄はリスク管理が問われる。日本の鉄鋼産業が現在好調なのは、他国にはない技術力があるからであり、この技術力がなければ廉価の中国製品に負けてしまう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在、日本鉄鋼業が囲まれている経営課題を述べて、その課題を克服するためにどのような努力を行っているかを記述してください。
    (1)中国の台頭
    日本鉄鋼業の経営課題として、中国の生産能力拡大の対応があげられる。
    中国政府は2005年7月「鉄鋼産業発展政策」を発表した。これは中国には900以上あるという鉄鋼メーカーを、淘汰、合併や吸収などによって、鉄鋼メーカーを再編させ生産拡大を図るという政策だ。この政策により、中国の企業の勢いをさらに拡大させることになる。
    しかし、こうした中国の生産能力拡大が、日本のメーカーに与える影響は短期的には限定的であるという見方が多い。中国国内で大量に生産されているのは主に建築向けの加工度の低い凡用品であり、自動車、造船、電気向けといった高級鋼材分野では日本企業が依然として有利であるからである。
    中長期的に見ると、中国企業も年々生産能力が拡大し、需給が拡大し凡用品が大きく値崩れすれば、価格にも影響が出るとの見方もある。そしてその後中国メーカーが高級鋼材分野にも進出し、日本を脅かす存在になる日もそう遠くないと推測される。
    また中国の経済発展により、鋼材の安定調達など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。