ブーニン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数295
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    私は、幼稚園の頃から中学三年まで、ピアノを習っていた。ピアノ始めたきっかけは、幼い頃“渚のアデリーヌ”という曲を聴いて、「こんなに素敵な曲があるのか」と感動したからである。これがピアノと私との出会いであった。これまで、たくさんの作曲家の曲を弾いたり聴いてきたが、私はその中でも『ショパン』が好きである。初めて彼の自由で繊細なメロディーを聴いたとき、「ピアノでこんな音が出せるんだ」と言葉にできない感動を受けた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私は、幼稚園の頃から中学三年まで、ピアノを習っていた。ピアノ始めたきっかけは、幼い頃“渚のアデリーヌ”という曲を聴いて、「こんなに素敵な曲があるのか」と感動したからである。これがピアノと私との出会いであった。これまで、たくさんの作曲家の曲を弾いたり聴いてきたが、私はその中でも『ショパン』が好きである。初めて彼の自由で繊細なメロディーを聴いたとき、「ピアノでこんな音が出せるんだ」と言葉にできない感動を受けた。しかしこれまで、私は実際にコンサートに行って、ピアノの生の演奏を聴いたことがなかった。それで今回新聞で見つけた“スタニスラフ・ブーニン,オール・ショパン・コンサート”に行くことにした。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。