20世紀における教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数313
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学学歴20世紀教育

    代表キーワード

    教育

    資料紹介

    1880年代は帝国主義の時代であった。ソ連(ロシア)は、国家が国民を国家権力の中に包摂しようとする考えがおこっていた為に、「国家の繁栄は、国民の幸福である」と国民に信じ込ませ、愛国心教育が行われた。国民も教育を受けさえすれば、上流階級になれるのではないか、と考えていた。
     それから、1918年にソ連(ロシア)は「統一労働学校令」で8歳から17歳まで義務教育を行うことにした。中等教育までの義務教育化であった。中等教育では、論理学と哲学の教育が行われた。それは、子どもの論理的思考力を育てて、判断力をつけさせる教育を行うことによって、国家の「道具」的人間にならないにようにしたのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1880年代は帝国主義の時代であった。ソ連(ロシア)は、国家が国民を国家権力の中に包摂しようとする考えがおこっていた為に、「国家の繁栄は、国民の幸福である」と国民に信じ込ませ、愛国心教育が行われた。国民も教育を受けさえすれば、上流階級になれるのではないか、と考えていた。
     それから、1918年にソ連(ロシア)は「統一労働学校令」で8歳から17歳まで義務教育を行うことにした。中等教育までの義務教育化であった。中等教育では、論理学と哲学の教育が行われた。それは、子どもの論理的思考力を育てて、判断力をつけさせる教育を行うことによって、国家の「道具」的人間にならないにようにしたのだ。
     19世紀末~20世紀初めの世界の帝国主義は、その後、社会主義革命になったり、民主主義を維持したり、ファシズムに向かったりした。ソ連(ロシア)は帝国主義の時代から、社会主義の時代へと移行し、そこでは労働者が主体となった国家がつくられた。
    ソ連の教育改革と同時期にアメリカでは、それまでの8年制義務教育を6-3制義務教育とした。これは、ソ連の(ロシア)影響を受けてであった。しかしアメリカでは社会主義ではなく、民主主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。