環境行政論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数495
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     セクショナリズム、すなわち縦割行政の問題点は、縦割組織はそれぞれの分野の利益を最大限に追求する傾向がある点、全体的な視野を失わせ、総合調整が困難な点などである。また立法過程では、各省の縄張り争いが起こり、できあがった法律も妥協の産物となったり、行政の執行過程においては、公共事業や補助事業、会議、調査研究などが重複し、本当に必要なことが行われなかったりする。
     これらのセクショナリズムの問題点に対する解決策はいろいろあると思う。その問題点を解決するために、これまでは内閣の総合調整の機能の強化が行われてきた。つまり、内閣が各省の上に立って指示できる体制を作ろうとした。具体的に言うと、内閣の首長である内閣総理大臣の閣議における発議権を明確にしたり、内閣総理大臣を直接補佐する役目である内閣官房が基本的な方針を企画立案することが明確に定められた。しかし、これだけではセクショナリズムの問題点を完全に解決することはできない。だから、今後考えなければならない課題をいくつか挙げる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境行政論課題レポート
    セクショナリズム、すなわち縦割行政の問題点は、縦割組織はそれぞれの分野の利益を最大限に追求する傾向がある点、全体的な視野を失わせ、総合調整が困難な点などである。また立法過程では、各省の縄張り争いが起こり、できあがった法律も妥協の産物となったり、行政の執行過程においては、公共事業や補助事業、会議、調査研究などが重複し、本当に必要なことが行われなかったりする。
    これらのセクショナリズムの問題点に対する解決策はいろいろあると思う。その問題点を解決するために、これまでは内閣の総合調整の機能の強化が行われてきた。つまり、内閣が各省の上に立って指示できる体制を作ろうとした。具体的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。