米軍再編と日米同盟

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数748
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米軍再編と日米同盟
    ―日本に求められる役割―
    目次
    Ⅰ.はじめに
    Ⅱ.米軍のトランスフォーメーション
    1.変革の背景
    2.加速する「変革」
    3.米軍「基地」の再編
    Ⅲ.東アジアの米軍と在日米軍
    1.東アジアの米軍、歴史的経緯
     2.在日米軍の機能の変化と「基地移転」
     3.在日米軍と自衛隊
    Ⅳ.日米同盟の役割
     1.日米同盟、変化の歴史
    2.何が日本に必要とされるのか
    3.対等な同盟に向けて
    Ⅳ.おわりに
    東アジアの公共財としての日米同盟
    Ⅰ.はじめに
    2005年から2006年にかけて、在日米軍の基地移転についての報道がマスメディアで大きく取り上げられた。その文脈の中では、在日米軍基地の移転と「米軍の変革」について取り上げられることも多かった。もちろん、米軍の世界規模の「変革」(トランスフォーメーション)と、在日米軍の整理縮小問題の間には、密接な関係がある。しかし、本来この両者はレベルが違うため、分けて捉えなければならない。そもそも、米軍の「機能の変革」と、それに伴う日本の「基地の再編」の間には、どのような相関関係があるのか。また、「日米安全保障条約」を中心とした日米同盟の定義は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。