「旧設計基準による木造家屋の耐震化を進めるために」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数657
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    旧設計基準による木造家屋の耐震化はそれほど進んでないが、それにはもちろん理由がある。
    ? 多くの費用がかかり住民の負担が大きいこと
    ?未だに本格的な施策が行われていないこと
     の二点が考えられる。耐震化が進まないと、家屋の倒壊する確率は高まり、また地震による火災の危険性も高まることになる。火災の危険性については木造であることから他の建築物よりも深刻なものであり、最近では地震は増加し、さらに大規模な地震が近いうちに起こることが予想されているため早急な耐震化政策を施行することが要される。
     そこでどのような対策が考えられるであろうか。
     まず?に関しては住民の負担を軽減するということになるが、そのためにまず考えられるのは
    i.自治体による耐震化工事の費用援助
    ii.耐震化工事をすることによって何か特典をつける
    という二点を提案したい。
    iについては、住民が多額の費用負担することへの億劫さを軽減することができる。
    iiに関してはつい先日政府与党によって耐震化対策をすることで減税措置を施すことが可決された。これによってかなりの耐震化促進が見込まれるが、それでは県単位ではどうすればいいだろうか。具体的には現金や商品券、また一般的に受けの良い海外旅行・ブランド品・テーマパークのパスポート等といったものを特典とするといったものが考えられる。しかし旧設計基準の木造家屋であり、年配の住民の方が多いという可能性も高いので、マッサージ器、温泉旅行も良いだろう。
    次に?の具体策としては?とは逆に
    i.具体的な期限を設け、それまでに耐震化を行わなければ罰則を与えるといった義務化してしまうこと
    また、ii.耐震化の必要性について書かれた冊子を作成し、公共施設で配布・ポスターや県の新聞、テレビCMでの呼びかけ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    防災学概論レポート
    「旧設計基準による木造家屋の耐震化を進めるために」
    旧設計基準による木造家屋の耐震化はそれほど進んでないが、それにはもちろん理由がある。
    多くの費用がかかり住民の負担が大きいこと
    ②未だに本格的な施策が行われていないこと
    の二点が考えられる。耐震化が進まないと、家屋の倒壊する確率は高まり、また地震による火災の危険性も高まることになる。火災の危険性については木造であることから他の建築物よりも深刻なものであり、最近では地震は増加し、さらに大規模な地震が近いうちに起こることが予想されているため早急な耐震化政策を施行することが要される。
    そこでどのような対策が考えられるであろうか。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。