高速液体クロマトグラフィー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,586
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    〈目的〉
     クロマトグラフィーとは何か理解する。液体クロマトグラフィーを用いて未知試料の検出値と既知試料の値を比べ、検量線を作り、未知試料内に含まれている薬品の成分及び含有量を算出する。

    ※学生実験のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【目的】 クロマトグラフィーとは何か理解する。液体クロマトグラフィーを用いて未知試料の検出値と既知試料の値を比べ、検量線を作り、未知試料内に含まれている薬品の成分及び含有量を算出する。
    【理論】 -高速液体クロマトグラフィー(HPLC)とは-
    移動相に液体を用いるクロマトグラフィーを液体クロマトグラフィー(LC:liquid chromatography)といい
    高圧送液ポンプと高性能充填剤の使用により分離を高速でおこなうLCを特に高速液体クロマトグラフィー(HPLC:high performance liquid chromatography)という。移動相に溶ける材料が分離の対象となる。
    ―クロマトグラフィーとは―
     クロマトグラフィーとは、固定相と移動相とが平衡状態にある場において、試料中の各成分が固定相と移動相にそれぞれ相互作用して分布し、分離の場に保持されている間にその分布平衡が繰り返されて移動しその相互作用の差に応じて成分の保持の挙動が異なるために成分が分離し、分離された成分が定性的に検出され定量的に測定される分析法である。この分析を行う為の条件は
    試料中の各成分が分離し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。