紫外線吸収

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    .電子の状態について
        紫外吸収スペクトルは分子の電子状態の変化に起因する吸収を測定して得られるものである。有機分子には結合性軌道としてのσ、π、これらの反結合性軌道としてのσ*、π*がある。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ※学生実験のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    0.紫外線吸収
    4.実験方法
     試料調整
      ・ベンゼン
     ①ベンゼン1mlを10mlメスフラスコに取り、シクロヘキサンで10mlとする。(10倍希釈)
       ②この液を①と同様の操作を行い更に10倍とする。(100倍希釈)
        注).溶液調製の際、操作の項にあるように希釈法によって希薄溶液を調整する変わりに、微量天秤を用いて1mg以下を秤量する方法もある。
      ・ナフタリン
       ①ナフタリン約4㎎を精秤し、シクロヘキサンで25mlメスフラスコに溶解する。
       ②①の溶液を1ml採取し、10mlメスフラスコを用いて10倍に希釈する。
     測定操作
      ①シクロヘキサンをセルの1/3程度入れ、液を回してセル内部を洗う。この操作を2回ほど行う
      ②シクロヘキサンをセルの7/10程入れ補償側に挿入する。
      ③ベンゼンで①と同様の操作を行う。
      ④ベンゼンをセルの7/10程入れ試料光路側に挿入する。
      ⑤測定条件を代入し、波長230~300nm間の測定を開始する。
       注).測定後のスペクトルには必ず実験条件を記載しておくこと。記載事項としては、測定
    日、試料名、試料濃度、セ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。