サイクロン

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,441
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (目的)
     流動状態、乱流エネルギー、エネルギー消散、圧力損失を理論と実践を通して理解を深める.
     レーザー流速計の原理と操作方法を習得する.

    ※学生実験のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (目的)
    流動状態、乱流エネルギー、エネルギー消散、圧力損失を理論と実践を通して理解
    を深める.
    レーザー流速計の原理と操作方法を習得する.
    (理論)
    1.サイクロン
     サイクロン内の含塵気流の解析は、入り口の流速により層流と乱流に分けられるので、層流はNavier-stokesの式を、乱流はκ‐ε模型、応用模型などを用いて数値解析を試してみるのが現状である.
     本実験に用いる装置は、サイクロン中心に回転胴体が取り付けていないけれど、文献によれば旋回流の速度分布は中心部から壁に向かって
     1.固体的回転流れ
     2.遷移領域
     3.準自由渦
     4.器壁領域の境界層流れ  に分けられることができる.
    [1] 乱流エネルギーと乱流エネルギー消散
    κ‐ε模型より
      (1)
    ここでεは、乱流エネルギー消散である.εは乱流運動エネルギーが粘性によって
    熱エネルギーになって消失するエネルギー量を示す. 
     ・乱流エネルギーκ
          (2)
       εはℓが分かれば(1)より求められる.
      
     ・壁面領域
      混合距離ℓは壁面からの距離に比例する.
           (3)
       ここでKcはカル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。