企業行動論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数955
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1・企業のステークホルダーとは何か?
     企業は、出資者たる「株主」だけのものではなく、また、商品・サービスを購入・利用している「顧客」や、その企業に属する「従業員」だけのものでもない。
     企業は、これらステークホルダー(関与者)全員のものであると考えられる。
     企業のステークホルダーとは、狭義では、その株主であり、取引先であり、従業員であり、顧客などである。
     そして、環境や社会は企業の「見えない」広義のステークホルダーだといえる。
     広義のステークホルダーである環境・社会を重視することは、企業にとって「コスト」ではなく、結果的に狭義のステークホルダーの利益や満足にもつながる「意味ある投資」でもある。それは狭義のステークホルダーである株主、従業員、顧客や、企業自体も環境や社会の中に存在し、所属する一員であることから考えれば当然のことだといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1・企業のステークホルダーとは何か?
    企業は、出資者たる「株主」だけのものではなく、また、商品・サービスを購入・利用している「顧客」や、その企業に属する「従業員」だけのものでもない。
    企業は、これらステークホルダー(関与者)全員のものであると考えられる。
    企業のステークホルダーとは、狭義では、その株主であり、取引先であり、従業員であり、顧客などである。
    そして、環境や社会は企業の「見えない」広義のステークホルダーだといえる。
    広義のステークホルダーである環境・社会を重視することは、企業にとって「コスト」ではなく、結果的に狭義のステークホルダーの利益や満足にもつながる「意味ある投資」でもある。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。