経営管理における行動科学とリーダーシップ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,104
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    経営管理論が人間関係論を経て、公式組織論、意思決定論と発展していく中で、企業の注目は個人の感情に集まり、1950年代以降からヒトの行動を心理学や哲学、社会学などの観点から研究する行動科学が展開された。経営管理における行動科学の分野は非常に範囲が広く、主要な理論としてよく取り上げられるマズロー(A. H. Maslow)の欲求段階説(Hierarchy of Needs)、マグレガー(D. McGregor)のX理論Y理論(Theory X and Theory Y)、ハーズバーグ(F. Herzberg)の動機付け理論(2 Factor Hygiene and Motivation Theory)、レヴィン(K. Lewin)のリーダーシップ理論などを含む多くの理論が提唱され、組織と個人に対する理解が大幅に変化した。本稿では上述した4つの理論を用いて、リーダーシップ論の発展の源泉を検証していく。

    マズローの欲求段階説
    アメリカの心理学者であるマズローが、人間には基本的な欲求が存在するということを見出した理論である。マズローによると、人間が持つ基本的欲求は生理的欲求(physiological needs)、安全の欲求(safety-security needs)、社会的欲求(belongingness and love needs)、自我の欲求(esteem and self-respect needs)、自己実現欲求(self-actualization needs)の5つに分類され、その5段階の欲求を順番に満たしていくという。その順番および詳細は以下のとおりである。
    1. 生理的欲求…食欲、睡眠欲などの生きていくのに不可欠な本能的欲求
    2. 安全の欲求…自分の身(生命)の安全、安定の欲求
    3. 社会的欲求…家庭や職場など自らを囲む社会環境に順応したいという欲求
    4. 自我の欲求…社会環境の中で自分の存在を認めてもらいたいという欲求
    5. 自己実現欲求…自分の理想を達成させたいという欲求

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営管理における行動科学とリーダーシップ
    経営管理論が人間関係論を経て、公式組織論、意思決定論と発展していく中で、企業の注目は個人の感情に集まり、1950年代以降からヒトの行動を心理学や哲学、社会学などの観点から研究する行動科学が展開された。経営管理における行動科学の分野は非常に範囲が広く、主要な理論としてよく取り上げられるマズロー(A. H. Maslow)の欲求段階説(Hierarchy of Needs)、マグレガー(D. McGregor)のX理論Y理論(Theory X and Theory Y)、ハーズバーグ(F. Herzberg)の動機付け理論(2 Factor Hygiene and Motivation Theory)、レヴィン(K. Lewin)のリーダーシップ理論などを含む多くの理論が提唱され、組織と個人に対する理解が大幅に変化した。本稿では上述した4つの理論を用いて、リーダーシップ論の発展の源泉を検証していく。
    マズローの欲求段階説
    アメリカの心理学者であるマズローが、人間には基本的な欲求が存在するということを見出した理論である。マズローによると、人間が持つ基..

    コメント1件

    fudandaxue 購入
    ,
    2006/12/01 12:02 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。