ホーソン実験と人間関係論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,370
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ合衆国では人間性の疎外が招いた科学的管理法に対する労働組合の反発、そして1929年に起こった恐慌が引き起こした経済的危機などを理由に科学的管理の見直しに取り組んでいった。科学的管理法における最大の問題である「個人の軽視」の解決の兆しを示したのは、1924年からウエスタン・エレクトリック社(The Western Electric Company)ホーソン工場にてメイヨー(E. Mayo)やレスリスバーガー(F. J. Roethlisberger)らが展開したホーソン実験である。ホーソン実験は現場における労働環境と生産性における費用対効果の改善を目的とした実験であり、実験開始当初は、「現場における費用対効果の改善は、物的要因のコントロールが最も重要である」という仮説が立てられていた。
    その仮説のもとで最初に行われたのは、工場の照明をコントロールして費用対効果の高さを求める実験(証明実験)である。メイヨーらは照明をあげるほど生産性も向上していくという仮説の立て、実験に臨んだ。工場の労働者を2つのグループに分け、一方は普段と同じ明るさの照明のもとで作業を行わせ、もう一方は普段よりも照明をあげた状態で作業を行わせた。その結果、照明をあげたグループの生産性は向上した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ホーソン実験と人間関係論
    アメリカ合衆国では人間性の疎外が招いた科学的管理法に対する労働組合の反発、そして1929年に起こった恐慌が引き起こした経済的危機などを理由に科学的管理の見直しに取り組んでいった。科学的管理法における最大の問題である「個人の軽視」の解決の兆しを示したのは、1924年からウエスタン・エレクトリック社(The Western Electric Company)ホーソン工場にてメイヨー(E. Mayo)やレスリスバーガー(F. J. Roethlisberger)らが展開したホーソン実験である。ホーソン実験は現場における労働環境と生産性における費用対効果の改善を目的とした実験であり、実験開始当初は、「現場における費用対効果の改善は、物的要因のコントロールが最も重要である」という仮説が立てられていた。
    その仮説のもとで最初に行われたのは、工場の照明をコントロールして費用対効果の高さを求める実験(証明実験)である。メイヨーらは照明をあげるほど生産性も向上していくという仮説の立て、実験に臨んだ。工場の労働者を2つのグループに分け、一方は普段と同じ明るさの照明のもとで作業を行..

    コメント3件

    yni8023 購入
    この実験を通し科学的経営管理法による仮説は心理的要因によって意図しない結果となることを簡潔に述べている。
    2006/04/05 12:44 (10年8ヶ月前)

    tenchan 購入
    とても参考になりました^^
    2006/06/07 16:02 (10年6ヶ月前)

    masa0418 購入
    実験をする意味など書かれていて、参考になりました
    2006/10/10 22:07 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。