「ゆとり教育」で「生きる力」は育まれるか?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数992
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私は家庭教師で2人の中学生を教えているが、時々、自分の頃との違いに驚くことがある。例えば、自分が中学の時に習ったことが、今では習わなくてよくなっていたり、小学校でやるべき内容のことを中学校で習うことになっていたり、ということだ。理科や社会科の教科書を見ても、資料集かと思うくらい写真が多く、活字を読む箇所が極めて少なくなっている。おそらく、「ゆとり教育」をモットーにおいた教育改革、教科書改訂によってそのように変わったのだろう。しかし、私はこの「ゆとり教育」に強い疑問を抱いている。
     そもそも、なぜ「ゆとり教育」が必要なのだろうか。様々な記事や本を見ても、たいてい書かれていることは同じだった。それは、「生きる力」を身につけるためである。「生きる力」は、知識を一方的に教え込むのではなく、自ら学び、自ら考えることによって育まれる。そしてそれは「ゆとり」ある教育環境の中で実現可能である、ということだ。本当にそうであろうか。
     では「生きる力」とは一体何なのか。調べてみると、「生きる力」はたいてい次のように定義される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ゆとり教育」で「生きる力」は育まれるか?
     私は家庭教師で2人の中学生を教えているが、時々、自分の頃との違いに驚くことがある。例えば、自分が中学の時に習ったことが、今では習わなくてよくなっていたり、小学校でやるべき内容のことを中学校で習うことになっていたり、ということだ。理科や社会科の教科書を見ても、資料集かと思うくらい写真が多く、活字を読む箇所が極めて少なくなっている。おそらく、「ゆとり教育」をモットーにおいた教育改革、教科書改訂によってそのように変わったのだろう。しかし、私はこの「ゆとり教育」に強い疑問を抱いている。
     そもそも、なぜ「ゆとり教育」が必要なのだろうか。様々な記事や本を見て..

    コメント1件

    papilionini 購入
    れぽーとっぽくはなかったかもです。でも考え方はいいかもです。
    2007/10/26 13:18 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。