教育先進国キューバに学ぶ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,646
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ラテンアメリカに共通する教育上の問題は主に2つある。1つは都市と農村の教育の大きな格差である。もう1つは中途退学者(ドロップアウト)の多さである。しかし、この2つとも当てはまらない、ラテンアメリカでは極めて例外の国がある。キューバだ。驚くのはこれだけではない。この国の非識字率は3%以下と、ラテンアメリカでは突出した数字を出している。この成果は一体どこから来るものなのだろうか。そこで私はキューバの教育事情について調べてみることにした。
    まず最初に、キューバでは都市と農村の教育の格差がそれほどないという点であるが、それにはキューバ革命後の61年に起こった「全国識字運動」が功を奏しているように思われる。全国識字運動では「知らないものは学べ,知るものは教えろ」を合い言葉に政府主導で進められ、学校や教室がなくとも、大衆自身が教師となって非識字者に対して文字を教えたという。そして、中学生も農村に行き、貧しい農民に積極的に文字を教えに行った。その成果があって、革命前は20%であった非識字率を現在の3%以下という驚異の識字率を達成し、ごく短期間に非識字率を劇的に低下させることに成功したのだ。また、この革命でキューバは社会主義国となり、階級による貧富の差が是正されたことも都市と農村の教育格差を縮めた要因の一つだといえる。次に、キューバでは中途退学者が少ないという点であるが、ここでも他のラテンアメリカ諸国では見られない突出したデータがある。キューバでは日本と異なり、小学校も中学校もテストに合格しなければ留年となる。それにもかかわらず、初等教育第5学年の在籍率は99%(ユニセフによる統計・1995〜2001年)と高い数字を出している。ラテンアメリカ諸国全体の平均の88.5%と比較しても明らかである。また中等教育への就学率も男83%、女87%(同統計)と高い数字であることにも驚く。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ラテンアメリカに共通する教育上の問題は主に2つある。1つは都市と農村の教育の大きな格差である。もう1つは中途退学者(ドロップアウト)の多さである。しかし、この2つとも当てはまらない、ラテンアメリカでは極めて例外の国がある。キューバだ。驚くのはこれだけではない。この国の非識字率は3%以下と、ラテンアメリカでは突出した数字を出している。この成果は一体どこから来るものなのだろうか。そこで私はキューバの教育事情について調べてみることにした。
    まず最初に、キューバでは都市と農村の教育の格差がそれほどないという点であるが、それにはキューバ革命後の61年に起こった「全国識字運動」が功を奏しているように思われる。全国識字運動では「知らないものは学べ,知るものは教えろ」を合い言葉に政府主導で進められ、学校や教室がなくとも、大衆自身が教師となって非識字者に対して文字を教えたという。そして、中学生も農村に行き、貧しい農民に積極的に文字を教えに行った。その成果があって、革命前は20%であった非識字率を現在の3%以下という驚異の識字率を達成し、ごく短期間に非識字率を劇的に低下させることに成功したのだ。また、この..

    コメント2件

    5abu1234 購入
    教育に関してよいと思うが、キューバ以外もあるとおもしろい。
    2006/07/12 15:59 (10年5ヶ月前)

    puresoulseek 購入
    ここまでキューバに関して調査できたのはすばらしい。
    2007/01/15 3:11 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。