パウロ=フレイレ・モデルの日本での応用に関する考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数250
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パウロ=フレイレ・モデルの日本での応用に関する考察
    I can’t stop thinking whether Fraise’s ideas are feasible in a global context. Speaking of the Japanese educational context, I don’t think it’s realistic.
    When I was digging around Freire’s approach and ideas, I felt a little disappointed, knowing that Japanese style of teaching is "traditional" in Freire's perspective. Japan is still employing teacher-centered teaching/leaning style and students are "active recipients" rather than what Freire called "active participan..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。