人権教育「偏りのない言語教育に向けて」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数498
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権教育レポート
    「偏りのない言語教育に向けて」
    「国際語としての英語」という考え方がある。グローバリゼーションが進行する中、国際的な対話には英語が必須という認識が高まり、日本の英語教育もついに政策的取り組みに乗り出した。小渕内閣は2000年、「英語の第二公用語化」を提言し、小泉内閣下の文部科学省は2003年に、『「英語が使える日本人」の育成のための行動計画の策定について』を発表した。最近では実用的な語学力を養成するために、小学校から英語を義務付けようとする動きも見られる。
    確かに、英語という言語が国際語として機能していることは否定できない。しかし、この「国際語としての英語」は同時に「英語帝国主義」を生む危険性を孕んでいる。「英語帝国主義」とは、世界に何千という言語の中で英語だけを唯一の世界共通語とするイデオロギーであり、英語使用者に多大な権力をもたらし、それに魅了された人々が次々に英語取得に乗り出す現象、すなわち英語支配の世の中をさす(“Wikipedia”より引用)。では、この「英語帝国主義」に翻弄されずに、真の国際(異文化)理解を実現するにはどうしたらよいのだろうか。
    まず始めに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。