on your mark −歌詞と映像−

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数884
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「宮崎駿って、やっぱりすごい」
     ‘on your mark‘この作品を初めて見たとき素直にそう感じた。たった6分48秒の映像。それだけで人をこんなにも感動させることが出来る。ストーリーはちゃんと理解できるものであり、結までしっかり描かれている。
     「歌詞と映像は完全に切り離され、映像は独立したものである」という話だが、何度も見ていると、この‘on your mark‘がエンディングテーマのように思えてきて、その場面に至るまでのストーリーが自然と浮かんでくるから不思議である。宮崎マジックとでも言おうか。
     そして、そう思い始めると歌詞と映像の関連があるように思えてくる。
     チャゲとアスカが捕われの少女を(恐らく政府機関から)奪還し、一度は再び奪われるが、助け出し少女を空に放つ。
     まず始めの
     そして僕らは いつもの笑顔と姿で 埃にまみれた服を払った
     oh この手を離せば 落ちてゆくコインは 音さえたてない
     といった箇所。ここは羽のついた少女を助け、空に放つ場面を示唆していると考える。恐らく名残惜しいであろう別れを、そのような素振りを見せずに「いつもの笑顔と姿で 埃にまみれた服を払い」ながら、「この手を離せば(少女は飛んでいってしまうので) 落ちてゆくコイン(少女)は 音さえたてない(静かに飛んでゆく)」といったように、通じる部分があるように感じる。
     また、
     on your mark 僕らが それでも止めないのは 
     夢の斜面見上げて(いつかは) 行けそうな気がするから
     という箇所は、少女を空に還すことが出来たことから来る希望である。「on your mark(スタート地点で)僕らがそれでも(まだ始まったばかりのこの反抗を)止めないのは 少女の去った空を見上げて いつかは、希望に満ち溢れた世の中に出来るから」というふうにとれると感じた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    on your mark ―歌詞と映像―
     「宮崎駿って、やっぱりすごい」
    ‘on your mark‘この作品を初めて見たとき素直にそう感じた。たった6分48秒の映像。それだけで人をこんなにも感動させることが出来る。ストーリーはちゃんと理解できるものであり、結までしっかり描かれている。
    「歌詞と映像は完全に切り離され、映像は独立したものである」という話だが、何度も見ていると、この‘on your mark‘がエンディングテーマのように思えてきて、その場面に至るまでのストーリーが自然と浮かんでくるから不思議である。宮崎マジックとでも言おうか。
    そして、そう思い始めると歌詞と映像の関連があるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。