薬剤師のための倫理観について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,710
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     薬剤師は、患者の治療に関わる医療従事者の一員であり、人間の生命に関わっている。そして、薬剤師のための倫理観とは、患者を第一優先に捉えることであると考えられる。そこで、薬剤師がとるべき行動、医療の現場で重要な倫理的要点といった、薬剤師のための倫理観について考えてみる。
     第一に重要なことは、生命の尊重と個人の尊厳であると思われる。医療とは命を守り、延命、疾病回復を目的とする行為であるが、例え医療とはいえども、患者の人権を確保すべきである。そのことを実践するための患者との接し方の要点は「客観的に現在の状況を把握する。患者と真剣に向き合い、治療の行使と人権の確保を常に見極めながら、その患者にとって有益な行為を選択する。患者の痛み苦しみを理解する様努める。患者は何を求めているかを把握する。その患者には何が必要なのかを見極める。自分の能力を見極め、最大限出来ることを選ぶ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薬剤師のための倫理観について
     薬剤師は、患者の治療に関わる医療従事者の一員であり、人間の生命に関わっている。そして、薬剤師のための倫理観とは、患者を第一優先に捉えることであると考えられる。そこで、薬剤師がとるべき行動、医療の現場で重要な倫理的要点といった、薬剤師のための倫理観について考えてみる。
     第一に重要なことは、生命の尊重と個人の尊厳であると思われる。医療とは命を守り、延命、疾病回復を目的とする行為であるが、例え医療とはいえども、患者の人権を確保すべきである。そのことを実践するための患者との接し方の要点は「客観的に現在の状況を把握する。患者と真剣に向き合い、治療の行使と人権の確保を常に..

    コメント1件

    71234ami 購入
    すごく参考になりました。
    2006/12/08 19:42 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。