コミュニケーション論 - 利用者から見た図書館 -

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数763
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コミュニケーションとは、人間が人間に対して何らかの情報を伝える行為のことを言う。コミュニケーションには必ずその情報の送り手と受け手が存在しなければならない。どちらか一方でもかけていれば、コミュニケーションは成立しないのだ。また、その中でも特に、意味の共有そのものに意義があるものを自己完結的(即時的)コミュニケーションと言い、ある目的を達成するために必要なコミュニケーションを道具的コミュニケーションと言う。
    図書館の基

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コミュニケーション論 – 利用者から見た図書館 –
    コミュニケーションとは、人間が人間に対して何らかの情報を伝える行為のことを言う。コミュニケーションには必ずその情報の送り手と受け手が存在しなければならない。どちらか一方でもかけていれば、コミュニケーションは成立しないのだ。また、その中でも特に、意味の共有そのものに意義があるものを自己完結的(即時的)コミュニケーションと言い、ある目的を達成するために必要なコミュニケーションを道具的コミュニケーションと言う。
    図書館の基本的機能は資料を収集し、整理し、保存し、そしてそれを利用者に提供することである。当然図書館を構成する要素には、施設、資料はもちろ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。