孫文

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数437
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    孫文
     広東省香山出身で生没年は1866年~1925年。字は徳明、号は逸仙あるいは中山という。余談だが、日本に亡命したとき、この号からとって「ナカヤマ」という偽名を用いていた。
    ○生涯
     村塾で伝統教育を、ハワイの兄の許で通った教会学校で米国式中等教育を受け、さらに香港で西洋医学を修めた。中国の革命による改造を志し、1894年にハワイ、ホノルルで「興中会」を結成。翌年より清朝打倒の武装蜂起を試みるが失敗する。1905年に亡命先の日本で「華興会」の黄興らの協力を得、「中国同盟会」を結成した。この会の綱領が、のちに「三民主義」よ呼ばれる孫文の理想社会体制である。
     1911年に辛亥革命が起こると急..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。