則天武后

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,189
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート史学武周則天武后列女

    代表キーワード

    史学則天武后

    資料紹介

             則天武后
     姓は武、名は曌(則天武后が作った照の異体字である)、謚は則天大聖皇后。荊州都督武士彠の娘である。則天武后という呼び名は、あくまで彼女を女として見ることで、皇帝ではなく専横政治を行った皇后としての立場に据えるものであるため、近年では武則天と呼ばれることが多くなってきている。
     武后は637年、14歳で太宗の後宮に召された。太宗の没後尼となったが、高宗に召されて再び後宮に入る。初めはさして高い身分ではなかったが、655年には正妃である王氏、高宗の寵愛を得ていた蕭氏を失脚させて皇后の地位に就いた。病気がちであった高宗に代わって垂簾政治を行った武后は、翌年には皇太子を廃し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

             則天武后
     姓は武、名は曌(則天武后が作った照の異体字である)、謚は則天大聖皇后。荊州都督武士彠の娘である。則天武后という呼び名は、あくまで彼女を女として見ることで、皇帝ではなく専横政治を行った皇后としての立場に据えるものであるため、近年では武則天と呼ばれることが多くなってきている。
     武后は637年、14歳で太宗の後宮に召された。太宗の没後尼となったが、高宗に召されて再び後宮に入る。初めはさして高い身分ではなかったが、655年には正妃である王氏、高宗の寵愛を得ていた蕭氏を失脚させて皇后の地位に就いた。病気がちであった高宗に代わって垂簾政治を行った武后は、翌年には皇太子を廃し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。