鳩摩羅什について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数461
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート史学鳩摩羅什仏典翻訳

    代表キーワード

    史学鳩摩羅什

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鳩摩羅什について
     西暦350年ごろ~409年に生きた、クマーラ・ジーヴァ、羅什とも呼ばれる西域はクチャ出身の僧。父はインドの貴族の血を引き、母は亀茲国の王族である。幼いころに母に連れられてガンダーラへ行き、仏教を学ぶこととなった。初めは原始経典や阿毘達磨経を学んだが、後に大乗に転向して主に中観派の諸論書の研究に打ち込んだ。
     384年に亀茲国を攻めた呂光の捕虜となり、以来18年の間、涼州での生活を余儀なくされた。その後401年に後漢の姚興に迎えられ、長安に入る。以来10年足らずの間に、精力的にサンスクリット語経典の漢文翻訳に力を注ぎ、同時に多くの門弟を育成した。
     東アジアの仏教は、基本的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。