乾隆帝

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数486
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1711〜1799(在位1735〜1795)

    中国清朝第六代の皇帝。名は弘暦,廟号は高宗,年号により乾隆帝という。雍正帝の第四子。24歳で太子密建法により即位,治世60年間は康煕・雍正両帝の治世と合わせて清朝の全盛期を現出,内外に輝かしい治績をあげた。
    治世の初期には軍機処を軸として皇帝権の伸長に努め、朋党、皇族の結党を禁じ、満州人と漢人の反目を防ぐなど内治に重点を置いた。
    内政面では康煕帝の寛容と雍正帝の厳正の中道を方針として,両帝の偉業をさらに発展充実させ,特に中国伝統の学術文化の保護奨励につとめ,『四庫全書』そのほか多くの書物の編纂事業を行ったが,同時に禁書や文字の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <乾隆帝> 1711~1799(在位1735~1795)
    中国清朝第六代の皇帝。名は弘暦,廟号は高宗,年号により乾隆帝という。雍正帝の第四子。24歳で太子密建法により即位,治世60年間は康煕・雍正両帝の治世と合わせて清朝の全盛期を現出,内外に輝かしい治績をあげた。
    治世の初期には軍機処を軸として皇帝権の伸長に努め、朋党、皇族の結党を禁じ、満州人と漢人の反目を防ぐなど内治に重点を置いた。
    内政面では康煕帝の寛容と雍正帝の厳正の中道を方針として,両帝の偉業をさらに発展充実させ,特に中国伝統の学術文化の保護奨励につとめ,『四庫全書』そのほか多くの書物の編纂事業を行ったが,同時に禁書や文字の獄によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。