Martin V. Hunter`s Lessee

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数743
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1) 事実
    ヴァジニア州・邦 アメリカ合衆国連邦
    1779 イギリス臣民の財産の没収を定める法律を制定
    1781 Martinのおじ(イギリス臣民)が死去
       おじの遺言:Martinにヴァジニア州所有の土地であるNorthern Neckを与える。
    1782 Northern Neckがヴァジニア州に帰属すると定める
    1783 イギリスとのパリ講和条約
    1785 1782年と類似の土地没収法を制定 (↑ イギリス臣民の土地保護)
    1788 合衆国憲法成立
    1789 Hunterは1785年法に基づいてNorthern Neckの裁判所法(Judiciary Act)成立一部を与えられる。
    1791 Hunterは不動産回復訴訟を州の第一審裁判所に提起被告:Martin⇒1783年のパリ講和条約を根拠にNorthern Neckの元の所有権を主張
    1793 ヴァジニア州議会:土地の所有権に関する立法−1781年  開発済みの土地:州が放棄 未開発の土地 :Martinが放棄 (↑ Northern Neckを含む)
    1794 ヴァジニア州第一審判決
        4月 判決:Martin勝訴 11月:イギリスとのジェイ条約
    1810 ヴァジニア州最上級裁判所(↑ イギリス臣民の土地保護)  判決:Hunter勝訴 *イギリスとの条約があるにもかかわらず州議会の1793年法が優先されたMartin↓ 誤審令状手続きに基づき上告
          上訴管轄権につき連邦最高裁判所−州最高裁判所の間で争いが生じる。
    2)争点 : Hunterの所有権はイギリスとの条約によって無効になったか?
    3)判決 : Yes
    4)判旨 : ヴァジニア州最上級裁判所判決は破棄され、1794年の第一審判決が維持された。
        つまり連邦最高裁判所の主張が認められ裁判所法25条の合憲性が証明された。
    5)根拠
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            Martin V. Hunter`s Lessee  (1816)   14U.S.304    
    1) 事実
    ヴァジニア州・邦 アメリカ合衆国連邦
    1779 イギリス臣民の財産の没収を定める法律を制定
    1781 Martinのおじ(イギリス臣民)が死去
       おじの遺言:Martinにヴァジニア州所有の土地であるNorthern Neckを与える。
    1782 Northern Neckがヴァジニア州に帰属すると定める
    1783 イギリスとのパリ講和条約
    1785 1782年と類似の土地没収法を制定 (↑ イギリス臣民の土地保護)
    1788 合衆国憲法成立
    1789 Hunterは1785年法に基づいてNorthern Neckの裁判所法(Judiciary Act)成立一部を与えられる。
    1791 Hunterは不動産回復訴訟を州の第一審裁判所に提起被告:Martin⇒1783年のパリ講和条約を根拠にNorthern Neckの元の所有権を主張
    1793 ヴァジニア州議会:土地の所有権に関する立法-1781年  開発済みの土地:州が放棄 未開発の土地 :Martinが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。