ソフトバンクのプロ野球参入

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数524
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私は、昨年から話題となっているプロ野球の球界再編問題について、このたび福岡ダイエーホークスを買収し、来季から「福岡ソフトバンクホークス」としてパ・リーグに参入することが決定したソフトバンク社について、参入の経緯と、参入が球界に及ぼす影響、今後の展望について調べました。
    まずは参入の経緯ですが、はじめにソフトバンクホークス誕生までの略表を載せておきます。
    2004年
    10月18日 ソフトバンクの孫正義社長が会見を開き、ダイエーホークス買収へ。翌日に買収の意志を球団に伝える。
    10月22日 有線ブロードネットワークスもダイエーホークス買収を検討していると発表。
    11月9日  ダイエー、ソフトバンクに球団を売却する方針を固める。売却価格はおよそ50億円。
    11月10日 ホークスの興行権も取得へ。米投資会社コロニー・キャピタルから150億円程度で。
    11月12日 ダイエー本社と球団幹部らと会合し、球団の買収を正式に申し入れる。
    11月15日 プロ野球実行委員会が開かれ、ダイエーホークスの買収問題について話される。
     来季参入に必要な参加資格の承認期限を11月30日から、2005年1月末まで延期することを決定した。
    11月30日 ダイエー、球団の譲渡を正式発表。NPB(日本プロ野球組織)に申請する。
    12月6日  ソフトバンクの参入を審査する公開ヒアリングが行われる。
    12月20日 プロ野球実行委員会が開かれ、ソフトバンクの参入が了承される。
    12月24日 臨時オーナー会議が開かれ、ホークスのソフトバンクへの譲渡が正式に承認される。「福岡ソフトバンクホークス」の誕生。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    プロ野球の機構と経営
    私は、昨年から話題となっているプロ野球の球界再編問題について、このたび福岡ダイエーホークスを買収し、来季から「福岡ソフトバンクホークス」としてパ・リーグに参入することが決定したソフトバンク社について、参入の経緯と、参入が球界に及ぼす影響、今後の展望について調べました。
    まずは参入の経緯ですが、はじめにソフトバンクホークス誕生までの略表を載せておきます。
    2004年
    10月18日 ソフトバンクの孫正義社長が会見を開き、ダイエーホークス買収へ。翌日に買収の意志を球団に伝える。
    10月22日 有線ブロードネットワークスもダイエーホークス買収を検討していると発表。
    11月9日  ダイエー、ソフトバンクに球団を売却する方針を固める。売却価格はおよそ50億円。
    11月10日 ホークスの興行権も取得へ。米投資会社コロニー・キャピタルから150億円程度で。
    11月12日 ダイエー本社と球団幹部らと会合し、球団の買収を正式に申し入れる。
    11月15日 プロ野球実行委員会が開かれ、ダイエーホークスの買収問題について話される。
          来季参入に必要な参加資格の承認期限を11月30..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。