共通点をもつ2つの企業のCSRを1つの共通の視点よりその違いを議論する。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数343
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    CSR企業環境問題技術者倫理

    代表キーワード

    CSR

    資料紹介

    共通点をもつ2つの企業(YAMAHAとHONDA)のCSRを1つの共通の視点よりその違いを議論している

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    試験レポート 平成 22 年度後期「技術者倫理」
    参照した企業情報
    1  HONDA  環境への取り組み(Web:http://www.honda.co.jp/environment/forest/steps/steps01.html)
    2   YAMAHA 発 動 機   地 球 環 境 の 保 全(Web:http://www.yamaha-motor FR MS SUROH FVU ORFDO
    community/activity/environment/index.html)
    上記の CSRの記事を読んで,共通の視点を設け,評価していく.
    共通の視点は,植林をすることによって環境保護,地球環境の改善,あるいは生態系の保護が期待できると
    いうことであるが,活動事例を評価した理由を示しながら,そこから垣間見れる 2 つの企業の思惑を分析し
    たい.また,そのビジネスは多岐にわたる両企業であるが,2 つの企業を日本を代表する世界的な二輪車メー
    カーとして共通するものとし,以下考察をする.
    HONDA の取り組みの 1 つとして「ふるさとの森づくり」というものがある.日本各地の工場ある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。