新エネルギー材料特論2転位すべり

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数185
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    転位すべりに必要なせん断応力とワイブル分布の形状母数と尺度母数の意味を述べています。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    新エネルギー材料特論 レポート 2 課題
    1. 転位すべりに必要なせん断応力は
    o
    c =
    2G
    (1-i )
    exp -
    2/a
    (1-i )b
    で与えられる.ここでは G はせん断弾性率,i はポアソン比,a は格子定数,また b は転位のバーガー
    スペクトルである.面心立方結晶構造のアルミニウムについて {111 110 と {110 111 における転
    位すべりに必要なせん断応力の比 (oc {111 110 /oc {110 111 )を求めよ.
    回答 {111 110 と {110 111 の場合において,b だけが異なる値をとる.{111 110 では
    b =

    2
    2 a,{..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。