新エネルギー材料特論、動圧軸受

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数174
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    動圧軸受について述べております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新エネルギー材料特論 レポート 1 課題
    私たちが生活するうえで,もはやパソコンやデジタル家電といったものが非常に身近な存在となっている.
    そのなかでも ITに関係する情報分野では,技術変動と進歩が極端に早く,製品サイクルも短い.そこで不可
    欠な情報を保存する機器としてはハードディスクドライブ(以下 HDD と称す)が今のところ主流である.(最
    近は Flash SSDの進歩が著しいが)
    まず HDD の高容量化,高速化,低騒音化,低消費電流,耐衝撃性,耐久性要求に対し,軸受は低 NPRO(回
    転むらを発生させにくいこと),高速回転,音響,トルク,耐衝撃性,信頼性が必要となる.従来は回転を支え
    るのはミニチュア・小径玉軸受(以下玉軸受と称す)が使用されていた.玉軸受の転動体(ころ)の材料はス
    チール玉が比較的コストが安価であり主体であった.そして,更なる高速性,信頼性を付加するために玉(転
    動体)をセラミックスにしたものが主流になった.図 1 にその当時の HDD の外観と軸受を示す1).
    図 1 HDD の外観と軸受
    しかし現在 HDD の心臓部である軸受にはほとんど玉軸受は使われて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。