機械物理計測、光ファイバ時間分解反射計測(OTDR)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数347
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本論文では,
    OTDR法の原理を説明するとともに、その仕組みを応用したいくつかのセンサについて述べる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4.
    OTDR
    Summary
    OTDR
    Keywords:
    ,OTDR,
    1
    2
    1
    1
    (
    )
    2 OTDR
    (
    )
    4
    λ0 = 1µm
    0.75dB/km
    t
    I(t) = I0exp[-2α0 + αa(l)t] (1)
    t =
    2l
    v
    (2)
    で与えられる.ここで,
    L
    はファイバ入射端から散乱点ま
    での距離,
    v
    はファイバ内の光の郡速度である.式
    (1)

    おいて,
    !
    0
    は,ファイバの場所によらない均一な伝送損

    !
    a
    は,場所によって変化する不均一な伝送損失である.

    (1)
    より,もし,ファイバの任意点で不均一な伝送損失
    !
    a
    が発生すれば図
    1
    に示すように,
    I
    (
    t
    )
    曲線上に不連
    続点が現れるので,その曲線から
    !
    a
    の大きさとその発生
    点を決定できる.この手法は光ファイバ時間分解反射計測
    (optical time domain reflectometry, OTDR)
    と呼ばれ,位
    置決め可能な分布または多点計測の原理として使われる.
    OTDR
    計測の空間分解能は,分散によるパルス幅の広が
    りを無視すれば,入射パルス幅
    !
    "
    に比例..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。