トライボロジー特論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数537
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ある論文について学問(研究)にとってもっとも大切な概念について論じている。
    この手の課題は題材を変えても本質的なところは変化しないので参考になると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「トライボロジー特論」 レポート課題
    本講義から論文「A.Hase,H.Mishina:WearElementsGeneratedin theElementaryProcessofWear,Tribology
    International,Vol.42,pp.1684-1690(2009)」をとりあげ,学問(研究)にとってもっとも大切な概念につい
    て以下論じる.
    「学問に王道なし」という言葉を耳にする機会は少なくないが,この言葉(由来や意味は諸説あるがここで
    は触れない)の一般的な意味が示すように,「学問に近道はない」というのが私の学問に対するもっとも大切
    な概念である.つまり,学問における目標..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。