生命科学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,690
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私がこの講義を受けてがんについて考えました。がんになる危険性について考えると、誰もが不安になります。多くの人は、がんは平安な人生に真っ向から対立する脅威だと考えます。しかしそれだけでしょうか。この人生に対するがんの脅威に心を開いて向き合えば、人生がいかにかけがえのないものだとわかってくるのではないでしょうか。その結果、人生をもっと大切に生きられるようになるのではないでしょうか。
     しかし、もしがんがからだの中にあることをいきなり知らされたら、その当人と周りの人たちはどんな体験をするのでしょうか。がんであることが分かったとき、人間関係はもろいものになるかもしれません。周囲の人たちは患者に対して同情心を抱き、どこか近寄りがたい存在になってしまうのではないでしょうか。この分裂した姿勢を病気の当事者は察知し、うわべだけのものだと感じるのでしょう。そして社会の中でがん患者として孤立したという孤独感を味わうのでしょう。
     今日では多くのがんが治療可能になっていて、また治療可能ではない多くの場合にも、苦痛なくがんと共に生きることが出来るそうです。考えてみればいままで何の変哲もない普通の生活をしていていきなりがんと宣告され不安のどん底に落とされるよりも、知らずに生きてぽっくりと死んだほうがいいという人もいるかもしれません。
     がんの治療は年々成功を収めるようになっています。であるにもかかわらず多くの人たちはがんという話題をほとんど自動的に死や不安に結び付けてしまいます。これはきっと、以前がんが本当に治療不可能なことが多かったせいなのでしょう。それとかずかずのメディアが歴代の著名人ががんで死ぬのを大げさに書いて、人々にがんは死の病だと植え付けていったのでしょう。
     たしかに死とは多くの人には漠然とした恐怖に感じられるでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命科学レポート
    私がこの講義を受けてがんについて考えました。がんになる危険性について考えると、誰もが不安になります。多くの人は、がんは平安な人生に真っ向から対立する脅威だと考えます。しかしそれだけでしょうか。この人生に対するがんの脅威に心を開いて向き合えば、人生がいかにかけがえのないものだとわかってくるのではないでしょうか。その結果、人生をもっと大切に生きられるようになるのではないでしょうか。
     しかし、もしがんがからだの中にあることをいきなり知らされたら、その当人と周りの人たちはどんな体験をするのでしょうか。がんであることが分かったとき、人間関係はもろいものになるかもしれません。周囲の人たちは患者に対して同情心を抱き、どこか近寄りがたい存在になってしまうのではないでしょうか。この分裂した姿勢を病気の当事者は察知し、うわべだけのものだと感じるのでしょう。そして社会の中でがん患者として孤立したという孤独感を味わうのでしょう。
    今日では多くのがんが治療可能になっていて、また治療可能ではない多くの場合にも、苦痛なくがんと共に生きることが出来るそうです。考えてみればいままで何の変哲もない普通..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。