『史記』にみる司馬遷の思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,030
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート哲学史記司馬遷中国哲学

    代表キーワード

    哲学史記

    資料紹介

    司馬遷は姓は司馬、名は遷。字は子長。紀元前145年に、黄河の難所で有名な竜門近くの夏陽に生まれた。司馬は代々周の歴史を記録する官僚であった。父の司馬談は漢王朝の史官の職責を果たそうと、歴史書編纂をという大事業を企てた。しかし、武帝が行った泰山封禅の儀式に呼ばれなかったことで憤死し、司馬遷は臨終に際して、その事業を託された。そして司馬遷は歴史書の編修に着手したが、その5年後、武帝の怒りを買い、宮刑を受けることでなんとか生き延びた。その後大赦にあって獄を出た後、全130巻、526500字にも及ぶ『史記』を完成した。
    『史記』は伝説上の五帝の一人黄帝から、前漢の武帝までを記した中国の歴史書である。二十四史の1つであり、紀伝体で書かれている。当初は『太史公書』と言われていたが、魏晋以降に『史記』と呼ばれるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『史記』にみる司馬遷の思想
    司馬遷は姓は司馬、名は遷。字は子長。紀元前145年に、黄河の難所で有名な竜門近くの夏陽に生まれた。司馬は代々周の歴史を記録する官僚であった。父の司馬談は漢王朝の史官の職責を果たそうと、歴史書編纂をという大事業を企てた。しかし、武帝が行った泰山封禅の儀式に呼ばれなかったことで憤死し、司馬遷は臨終に際して、その事業を託された。そして司馬遷は歴史書の編修に着手したが、その5年後、武帝の怒りを買い、宮刑を受けることでなんとか生き延びた。その後大赦にあって獄を出た後、全130巻、526500字にも及ぶ『史記』を完成した。
    『史記』は伝説上の五帝の一人黄帝から、前漢の武帝までを記した中国の歴史書である。二十四史の1つであり、紀伝体で書かれている。当初は『太史公書』と言われていたが、魏晋以降に『史記』と呼ばれるようになった。この司馬遷の大事業ともいえる『史記』は、王侯を中心としたものの、それ以外の民間人を取り上げた列伝も見られ、純粋な歴史的価値というよりも、その文学的価値という意味でも注目されている。これだけの一大事業なので、当然そこには司馬遷の思想が反映されているはずで..

    コメント1件

    zxcvbnm1853 購入
    もう少し安い価格で
    2006/11/29 22:44 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。