不登校

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数676
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、不登校や、学力低下、中退などが教育面での大きな社会問題になっている。少子化が一段と進む中で、児童生徒数は減少しているにもかかわらす、特に不登校、引きこもりは高校生だけでなく、小学生、中学生においても急増してきている。不登校は学校に適応できないだけでなく、社会にも適応できないかもしれないという恐れもある。しかし、そこでその原因はなんなのかと考えてみても不登校の原因をひとつに特定することは不可能である。自分自身に原因があるのか、学校側に原因があるのか、家庭環境の問題など一人一人原因は違うといえるだろう。
     不登校の原因として考えられるのが、いじめや家庭でのトラブル、学校での問題などさまざまな原因が上げられるが、ひとつの大きな原因として考えられるのが、昔と現代の学校に対する価値観の変化によるものである。昔は、多くの児童が教育を受けたいが教育を受けることができず、学校に行けた児童も勉強をしたいから自ら進んで学校に行くというのが常識であった。しかし、日本は近代、急激な経済成長により、世界に誇る経済大国のひとつになった。そして、現代の世の中では、幼稚園または保育園など卒業し、小学校、中学校と義務教育を受け、ほとんどが高校へと進学し、そして大学に進学というようなパターンが現代の社会の常識となってしまったため、多くの児童は勉強することのすばらしさを全くしらず、義務教育をうけられることに何の喜びを感じることなく、その常識の型にはまって、ただ義務教育だから学校に行き、勉強しているという児童がほとんどである。そして、ただ「義務」である教育は学校嫌いや勉強嫌いの子供を増やす大きな原因となっている。そして、勉強することの面白さを知らない勉強嫌いの子供にとって、学校に行くことは大きなストレスとなるであろう。そして、それが積み重なり不登校へとつながるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不登校
    近年、不登校や、学力低下、中退などが教育面での大きな社会問題になっている。少子化が一段と進む中で、児童生徒数は減少しているにもかかわらす、特に不登校、引きこもりは高校生だけでなく、小学生、中学生においても急増してきている。不登校は学校に適応できないだけでなく、社会にも適応できないかもしれないという恐れもある。しかし、そこでその原因はなんなのかと考えてみても不登校の原因をひとつに特定することは不可能である。自分自身に原因があるのか、学校側に原因があるのか、家庭環境の問題など一人一人原因は違うといえるだろう。
    不登校の原因として考えられるのが、いじめや家庭でのトラブル、学校での問題などさまざまな原因が上げられるが、ひとつの大きな原因として考えられるのが、昔と現代の学校に対する価値観の変化によるものである。昔は、多くの児童が教育を受けたいが教育を受けることができず、学校に行けた児童も勉強をしたいから自ら進んで学校に行くというのが常識であった。しかし、日本は近代、急激な経済成長により、世界に誇る経済大国のひとつになった。そして、現代の世の中では、幼稚園または保育園など卒業し、小学校、中..

    コメント2件

    aiai 購入
    内容が少し浅いかも?
    2007/02/23 2:23 (9年9ヶ月前)

    masacha1210 購入
    参考にさせていただきます。
    2007/04/02 13:20 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。