鎌倉時代の農業

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,080
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート農業鎌倉稲作

    代表キーワード

    農業

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における稲作の歴史は、今までは 弥生時代 に始まるとされてきた。しかし、近年になって 縄文 末期の 南溝手遺跡 から、約3500年前には陸稲による稲作が行われていることが判明した。
    鎌倉時代は、武士の台頭と共に 農業が発達した時期 でもある。特に近畿地方では水路を設けたり,馬や牛を使って大々的に畑や水田を耕したり,鉄製の鍬や鋤などの農具も発達した。
    広大な開拓地であった関東平野や東北地方では農民が自らの土地を守るために武装し、武士となった。
    これらの武士は都から役人としてやってきた貴族や皇族の子孫を棟梁、つまり、組織をまとめる主人として結束を固め、武士団を形成した。平氏や源氏はその代表とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。