英国グループ・リリーフ制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,367
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英国グループ・リリーフ制度
    1. 英国グループ・リリーフ制度の沿革
    英国グループ・リリーフ制度は、1966年、当時の労働党政権の下、従来とってきた「法人擬制課税(法人税を個人株主配当所得税の源泉徴収とする方式)から法人独立課税方式(法人税を会社独自の負担とし、株主にも配当課税をする方式)へと転換した。」
    そして、翌1967年にグループ・リリーフ制度等の企業集団税制が導入した。しかし、当該税制は、当時の政権が法人所得課税を強化したことに伴う税負担の増加をやわらげようとする意図のもと導入したものであると推測することも出来る 。
    2. 英国グループ・リリーフ制度の仕組み
    英国に於けるグループ・リリーフ制度は、当該制度を適用するグループ内の利益会社(申請会社)と、同じグループ内の他社(振替会社)に於いて発生した欠損金の一部、又は全部を振替、相殺する事により、自社の課税所得を出来るだけ少なくする方法である 。
    そこで、英国グループ・リリーフ制度の具体的な仕組みについて見てみると、第1の特徴として、適用対象法人について挙げることが出来るが、英国グループ・リリーフ制度の場合、対象法人は内国法人に限..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。