血圧調節

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,479
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2006/12/21
    生理学実習:血圧調節
    実験者:windowsxp
    共同実験者:Mac
    目的:圧受容器(頚動脈洞、大動脈弓)による血圧調節および中枢神経系(+副腎髄質)による循環系支配の理
    解を深める。
    実験動物:ウサギ(2230 g)
    実験準備:
    1. ウサギを保定し(保定管を用いて)、耳介静脈からネ
    ンブタール(30mg/Kg体重)を注射し麻酔した。
    2. 術野の毛を刈り手術台に背位に保定した。
    3. 気管カニューレを装着し、左右の総頚動脈および迷
    走神経を周囲の組織から分離し(2cm 程度)、糸をかけ
    ておいた。
    4. 薬物投与用の静脈カニューレを装着した。
    5. 大腿動脈に血圧測定用のカニューレを装着した。
    測定:
    1. 圧トランスデューサー、増幅器、記録計を接続し、水
    銀 マノメ ータ ーを用 いて calibration を と った
    (0-200mmHg )。
    2. 圧トランスデューサーを動脈カニューレに接続し
    た三方活栓に接続した。
    3. 脈圧が低下してきた場合、カニューレの先が閉塞し
    ている可能性があるのでヘパリン入りの生理食塩水で
    カニューレ内をフラッシュした。
    4. 以下の実験を行った。
    1)両総頚動脈閉塞
    2)両側迷走神経切断
    3)左迷走神経末端電気刺激(5V、1ms、10Hz から
    50Hz )
    4)アドレナリン投与(10μg/kg体重)
    5)アセチルコリン投与(50μg/kg体重)
    結果:
    表 1 心拍数および血圧の変化
    No. 血圧(㎜ Hg)
    心拍数
    (回/分)
    最大血圧 最小血圧
    備考
    control 300 144.5± 4.5 99.5± 1.5
    1)
    両総頚動脈閉塞 300 188± 3 130.2± 0.8
    心拍数は変化無し。血圧上昇。
    閉塞を解除すると controlの状態に回復した。
    右迷走神経持ち上げ 270 107.5± 4.5 69
    左迷走神経持ち上げ 280 117± 6 76± 3
    ※切断の際、迷走神経幹を持ち上げることを考慮した control
    心拍数・血圧:低下→回復。表は低下した際の数値
    右迷走神経切断 290 138.5± 10.5 94.5± 7.5
    2)
    左迷走神経切断 290 146± 9 104.5± 4.5
    心拍数・血圧:低下→回復。表は回復した際の数値
    低下時の心拍数・血圧は controlと同程度。
    control 290 146± 9 104.5± 4.5 ※2)の左迷走神経切断後と同じ
    電気刺激 10Hz 240 149.5± 7.5 97.5± 4.5
    電気刺激 20Hz 195 147.5± 7.5 92± 4
    電気刺激 50Hz 126 143± 15 78± 12
    3)
    電気刺激 100Hz
    →止めた後
    128
    420
    150± 20
    100± 6
    82± 8
    72± 3
    心拍数および血圧ともに低下し波形は不規則。脈圧が大きい。
    Frequency を上げる度にその度合いは強くなり、50Hz で最大。
    それぞれ刺激を止めるとすぐに control の状態に回復した。
    100Hz の場合は例外で刺激の状態から脱出するのが遅い。さら
    に controlの状態には戻らず、心拍数は上昇、血圧は低下した。
    1 段目 実験 1)。 2 段目 実験 2)control 。 3 段目 実験 2)迷走神経切断(右切断後、左切断)。
    4 段目 実験 3)10Hz 、20Hz

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006/12/21
    生理学実習:血圧調節
    実験者:windowsxp
    共同実験者:Mac
    目的:圧受容器(頚動脈洞、大動脈弓)による血圧調節および中枢神経系(+副腎髄質)による循環系支配の理
    解を深める。
    実験動物:ウサギ(2230 g)
    実験準備:
    1. ウサギを保定し(保定管を用いて)、耳介静脈からネ
    ンブタール(30mg/Kg体重)を注射し麻酔した。
    2. 術野の毛を刈り手術台に背位に保定した。
    3. 気管カニューレを装着し、左右の総頚動脈および迷
    走神経を周囲の組織から分離し(2cm 程度)、糸をかけ
    ておいた。
    4. 薬物投与用の静脈カニューレを装着した。
    5. 大腿動脈に血圧測定用のカニューレを装着した。
    測定:
    1. 圧トランスデューサー、増幅器、記録計を接続し、水
    銀 マノメ ータ ーを用 いて calibration を と った
    (0-200mmHg )。
    2. 圧トランスデューサーを動脈カニューレに接続し
    た三方活栓に接続した。
    3. 脈圧が低下してきた場合、カニューレの先が閉塞し
    ている可能性があるのでヘパリン入りの生理食塩水で
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。