社会福祉援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数964
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1950年代〜1960年代は、アメリカで社会福祉援助技術が専門職として内面からの反省と同時に、社会的影響を強く受けて、いわば外側からも揺さぶられて、新しい発展を始めた時期であるといえよう。また、アメリカでは、1953年にNASW(全米ソーシャルワーカー協会)が結成され、専門職団体の統合化が進められた。これにより、分野や方法によらず、全て同じソーシャルワーカーを確立する基盤ができた。
    第2次世界大戦後、20世紀後半はまさに激動の時代ともいえる。政治・経済・国際関係をみても予測しがたい状況が生まれ、国際基盤は揺らぎ、多くの人々がたえず不安と危機意識にみまわれている。その間に社会福祉に関する考え方も大きく変化し、社会福祉援助技術も新たな発展をみせてきた。本レポートでは、ソーシャルワーク論の歴史やその背景と、意味や意義について述べることにする。
    歴史的には、三大援助技術はそれぞれ分立して独自な発達を続け、心理学、社会学や精神医学など隣接科学を取り入れて固有な理論や方法を発展させてきた。やがて、個別・集団・地域援助技術の分化した発展によって相互に垣根を高くする動向が著しくなり、社会福祉援助技術はそれらの総称にすぎなくなってしまった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1950年代~1960年代は、アメリカで社会福祉援助技術が専門職として内面からの反省と同時に、社会的影響を強く受けて、いわば外側からも揺さぶられて、新しい発展を始めた時期であるといえよう。また、アメリカでは、1953年にNASW(全米ソーシャルワーカー協会)が結成され、専門職団体の統合化が進められた。これにより、分野や方法によらず、全て同じソーシャルワーカーを確立する基盤ができた。
    第2次世界大戦後、20世紀後半はまさに激動の時代ともいえる。政治・経済・国際関係をみても予測しがたい状況が生まれ、国際基盤は揺らぎ、多くの人々がたえず不安と危機意識にみまわれている。その間に社会福祉に関する考え方も..

    コメント4件

    taketake123 購入
    ありがたい
    2006/02/02 12:06 (10年10ヶ月前)

    yuyu123 購入
    yokatta.
    2006/02/03 13:40 (10年10ヶ月前)

    kanameko 購入
    現在、介護福祉に関する勉強を、あくまで客観的な学習をさせて頂いておりますが、大変、勉強になる資料であります。在宅福祉サービス向上に少しでも役に立てる様に、学習を進めていきたい。
    2006/02/19 20:05 (10年9ヶ月前)

    chietan1 購入
    歴史的背景がコンパクトにまとめられていて、よかったです。
    2006/12/10 11:31 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。