学問の自由  憲法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,760
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学憲法学問自由

    代表キーワード

    法学憲法

    資料紹介

    日本国憲法第二十三条に「学問の自由はこれを保障する」という名文の規定がある。
    今でこそ当たり前なこの規定だが、明治憲法下においては特に規定はなかった。そのため当時は、国家権力による学問の自由の侵害が顕著であった。
    学問の自由には学問研究の自由、研究発表の自由、研究結果の教授の自由が含まれる。
    さらに学問の研究の担い手が大学がであったことから、外部からの干渉や圧迫が大学の組織、運営に及ぶことを許さないとする大学の自治も要請されている。大学の自治の内容として人事の自治・施設や学生についての自治などがある。これ等については後述する。
    学問の自由とは本来、他の自由権に含まれているのに、何故、日本国憲法において規定されたかというと、前述した通り、政府権力による侵害、つまり、政府権力による圧迫・干渉等によって自由な学問研究などの自由が制限されていたことが大きな理由である。学問研究などが制限されることによって、研究者の活動が制限され、学術が発展しないという大きな弊害に繋がる。だからこそ新しい憲法下において新たに学問の自由を保障する必要があったわけである。
    前述した学問の自由の分類についての記述に触れていきたいと思う。
    まず教授の自由についてだが、これは例えば大学で言えば、研究した内容を学生に教えることにあたる。ここで一つ問題がある。大学における教授の自由を例示として出したが、では普通教育はどうなのかという問題である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         学 問 の 自 由
     日本国憲法第二十三条に「学問の自由はこれを保障する」という名文の規定がある。
     今でこそ当たり前なこの規定だが、明治憲法下においては特に規定はなかった。そのため当時は、国家権力による学問の自由の侵害が顕著であった。
     学問の自由には学問研究の自由、研究発表の自由、研究結果の教授の自由が含まれる。
     さらに学問の研究の担い手が大学がであったことから、外部からの干渉や圧迫が大学の組織、運営に及ぶことを許さないとする大学の自治も要請されている。大学の自治の内容として人事の自治・施設や学生についての自治などがある。これ等については後述する。
     学問の自由とは本来、他の自由権に含まれているのに、何故、日本国憲法において規定されたかというと、前述した通り、政府権力による侵害、つまり、政府権力による圧迫・干渉等によって自由な学問研究などの自由が制限されていたことが大きな理由である。学問研究などが制限されることによって、研究者の活動が制限され、学術が発展しないという大きな弊害に繋がる。だからこそ新しい憲法下において新たに学問の自由を保障する必要があったわけである。
     前..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。