日本の統治機構の改革について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,402
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     日本国憲法前文において「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」とある。ここで言う、「国会における代表者」とは、国会議員のことであり、内閣総理大臣のことではない。この国会議員が一般的に日本でトップと言える(ここでは天皇については割愛する)、内閣総理大臣は憲法67条1項に基づき、国会で指名される。事実上、間接的なわけである。国民としては、やはり自らの手で、日本のトップを選びたい(投票したい)と思うのは当然のことであると思う。
     しかし、安易にそれができるほど、政治というものは単純ではない。なんについてでもそうだが、そうそう簡単にいくものではない。
     ではどういった改革が、国民の期待を満たし、最も望ましいかという問題になる。ここでは、各国の統治機構を例に、説明していきたいと思う。
     まず日本の友好国である、アメリカの大領製はどうだろうか。まず大前提として上げておきたいのが、何故、現在において首相公選が高まっているかというと、やはりアメリカが影響している。だったら日本もアメリカ同様、大統領制にしてしまえばいいではないかと思うが、大きな問題があり、それを突破しなければ混乱が生じるだけである。事実、大統領制で上手くいっている国はアメリカくらいである。
     次にフランス型であるが、これは大統領が一番偉いという感じではなく、時には首相がトップのような立場になることもあるという特殊な構造になっている。これを保革共存と一般には言っている。この制度に至っては、国のトップを公選したいという希望と、政党政治の議会とを接合する一つの方法と考えられるので、首相公選制度の弱点を大分克服できる。
     ではこれらを踏まえた上で、日本に首相公選制を導入する際の問題点について考察してみたいと思う。
     まず第一に、日本特有の政党中心の議会運営についてである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の統治機構の改革について
    現在の日本の統治機構は、イギリス政府に近い、議院内閣制を採っている。
     日本国憲法前文において「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」とある。ここで言う、「国会における代表者」とは、国会議員のことであり、内閣総理大臣のことではない。この国会議員が一般的に日本でトップと言える(ここでは天皇については割愛する)、内閣総理大臣は憲法67条1項に基づき、国会で指名される。事実上、間接的なわけである。国民としては、やはり自らの手で、日本のトップを選びたい(投票したい)と思うのは当然のことであると思う。
    しかし、安易にそれができるほど、政治というものは単純ではない。なんについてでもそうだが、そうそう簡単にいくものではない。
     ではどういった改革が、国民の期待を満たし、最も望ましいかという問題になる。ここでは、各国の統治機構を例に、説明していきたいと思う。
     まず日本の友好国である、アメリカの大領製はどうだろうか。まず大前提として上げておきたいのが、何故、現在において首相公選が高まっているかというと、やはりアメリカが影響している。だったら日本もア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。