人と道徳の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数758
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学法律概論基礎

    代表キーワード

    法学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人が社会生活をする上で従うべき規準(ルール)のことを「社会規範」という。「法」も社会規範の一つだが、社会規範には、この他にも道徳、宗教、習俗などがある。今回は、「法」と「道徳」の違いを改めて考えてみたいと思う。
     法と道徳を比較考量するためにはまず、それぞれの定義について考えなければならない。
     法というものを簡単に定義すると、「秩序のために作られた人の行動を規律するルール」と言える。社会集団の中で共存していくためには一定のルールを作り、その社会集団の構成員がそれを共通して遵守する事が必要であるルール遵守を維持していくためには、他人に強調しないでルールを乱し、また、ルールに従って生活している人に危害を加えるような者に対する制裁、ルール遵守の強制、などの法的サンクションの他に、それらを行うためのルールを定めてある刑事訴訟法や民事訴訟法などの『手続法』などがある。
    そして道徳には『宗教』といったものや、心情でお年寄りに席を譲るといったものなどがある。しかし、ここで席を譲らなければ周りから白い目で見られるかもしれないが、法的サンクションの対象とはならない。
    『人を殺してはいけない』、『人のも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。